プロミス ログイン

プロミスで専業主婦は利用できない?それとも何か方法があるの?

 

プロミスで専業主婦がお金を借りることができないのは、ある意味当然といえば当然の話です。専業主婦とは、個人的に仕事をしていないため収入を得ていません。しかし、銀行であれば、専業主婦が申込み可能なカードローンもあります。

 

プロミスでは融資を受けた分については収入を得ている中から返済を行うことになりますので、

 

 

収入を得ていない専業主婦がお金を借りることはプロミスでは受け付けておりません


以前はは銀行のカードローンなどのように、仕事をしていない専業主婦であってもお金を借りることができるたのですが、

 

 

現在では銀行カードローンでも金融庁からの規制で、収入のない専業主婦は借りれなくなっていますので、専業主婦は八方塞の状態になっています。


 

プロミスとこうした業者と何が違ったのかといえば、ひとつは個人の年収が融資において制約を受けるかどうかという点にあります。

 

銀行のカードローンの場合は、個人の年収だけでなく配偶者の年収もまたお金を借りる際の条件として考えることができる(借入可能額が本人の収入に対して1/3までと制限される総量規制の対象以外になっている)のに対し、プロミスでは個人の年収のみ審査対象となります。もともと年収を得ていない専業主婦の場合は残念ながらプロミスでお金を借りることはできないということです。

 

なぜプロミスは年収が制約のひとつとなっているのかといえば、プロミスのフリーキャッシングが総量規制という法律の制約を受ける融資だからです。総量規制は年収の3分の1を超えてお金を借りることができないと定められていますので、そもそも年収のない専業主婦の場合はプロミスで受けられる融資の金額も0円というわけですね。

 

専業主婦の人がプロミスでお金を借りようとして行うケースとしては、勤務先を偽って申し込みを行うというもので、こういうものはプロミスの在籍確認の電話で一発でばれてしまいます。

 

 

とはいえ、プロミスでは実際に融資を行うための審査において勤務先への在籍確認を行っていますので、もしも勤務先を偽って申し込んだとしてもその段階で確実にばれてしまいます。もっとも、無理をしてこのような方法などでプロミスからお金を借りたとしても収入を得ていないわけですからやがて返済が行き詰まる可能性は高いといえます。

 

無理をしてプロミスからお金を借りるよりは、まずは収入を得てプロミスを利用できる環境を整備することが大切です。

パートなどで安定収入がある主婦ならプロミスに申し込む事が出来ます

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

主婦の私のプロミス活用体験談

パートの職があるときにプロミスに申込んでおいて正解

私は大学を卒業し地元の会社に就職し、働き続けてきました。仕事内容は経理や文書作成、来客の対応など本当に何でも屋という感じで、その煩雑さから辞めたいと思う事も多々ありました。

 

しかし、人間関係に恵まれて皆とても優しく楽しい職場なので、どうにか辞めずにいました。そして6年目に、当時交際していた別の部署の同期と結婚しました。

 

正直片方の給料ではこの先カツカツの暮らしになってしまいますが、2馬力なら少しは余裕が出るかなといった経済状態ですので、仕事を辞めることは考えませんでした。

 

この時にプロミスに申込んでおいたので、出産時に仕事をやめて専業主婦になった時にプロミスに申込めなくなるので良かったです。

離職中も一応在籍。パートという形で職にとどまる事に

夫が結婚にあたって積極的に家事をやると言ってくれたのも、仕事を続ける大きな要素になりました。そして結婚1年目に妊娠し、出産しました。その際は1年の育児休暇を取得し、子育てに専念しました。

 

実は妊娠中ずっと体調が悪く、仕事を休むことも多くなってしまったのですが、上司が「誰も赤ちゃんを代わりに守ってやれないが、仕事なら代われる。今は赤ちゃんを守る事に専念しなさい」と言ってくれたこと、同僚も同じように言ってくれて仕事を代わってくれたので、感謝しつつ安心して休めました。

 

育児休暇後に職場復帰してからは、保育園に慣れない子供がしょっちゅう熱を出したため、仕事を休んだり早退したりすることが多くて、またもや職場には本当に迷惑かけたのですが、同じような経験を乗り越えてきている先輩ママの上司や同僚が理解を示してくれたり、男性上司も「母ちゃんは大変だな、早く子供の所に言ってあげなよ!仕事は何とかなるから!」と言って毎回送り出してくれたり、本当に恵まれた環境でここまでやってこられました。

 

出産の際は、健康保険からの一時金も出産後に支給されるので、この間はプロミスで乗り切れましたし、支給されてからは一括返済できたのでほぼ利息もなきに等しかったのです。

母親として自立する為にも一時をしのぐカードローンが便利

私の祖母は、「子供を預けて仕事するなんて子供がかわいそう」と言いますが、他の家族や義両親はいつも応援してくれて、子供が病気でも私が仕事がを休めない時には、両方の実家が交代で子供を見てくれています。

 

結婚や出産に伴い女性の役割はどうしても増えます。その中で仕事を続けるということは、周りのサポート無しではできません。また子供といる時間が当然減るので、帰宅後に家事をこなしつつ、たまった子供の甘えを全て受け止めなければならないのは、本当に大変です。

 

自分の時間が一切とれずに、毎日倒れるように眠ってしまいます。それでも私が仕事を続けるのは、母親でもなく妻でもない、自分としてのアイデンティティを保つためかもしれません。

 

なので主婦が消費者金融などを利用している事は私には理解できます。もちろん私もプロミスを利用しているのですから。

 

身勝手かもしれませんが、ゆくゆくは働く母の背中を見せることで、子供にも家庭や友達以外の「自分が活きる場所」を持つ事の大切さを伝えたいと思っています。

page top