プロミスにログインすることによって得られるサービス

プロミス会員サービスにログインしてできること

プロミスでは、借入を利用している人を対象にした会員サービスというものが用意されています。

 

会員サービスはプロミスのホームページにある専用ログイン画面よりログインすることで利用することができます。


振込キャッシング

プロミスの会員サービスでログインしてできることには様々なものがあります。そのひとつが「振込キャッシング」です。これは、申込時に指定した口座に借入金の振込依頼をかけるというものです。

かつてはプロミスでお金を借りる方法といえば直接プロミスの店舗やATMなどからお金を引き出すといったものが主流でしたが、最近ではインターネットを利用して振込依頼を行うことで指定した口座に入金してもらうといった方法でキャッシングを受けることもできます。

会員サービスにログインすれば、指定した口座への振込依頼を行うことができるうえ、三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座への振込であれば、会員サイトにログインして登録する事で、24時間365日最短10秒で振込が完了できる瞬フリがありますので、まさに瞬時に対応可能といえるでしょう。

限度額の変更

次に、現在借入を受けている限度額の変更もプロミス会員ログインしてできることのひとつです。

限度額を増額する場合は、その金額に応じた審査を受ける必要がありますので必ずしも対応可能というわけではありませんが、わざわざ電話などで連絡しなくても手軽に申し込むことができます。

取引履歴の確認

会員サービスでは借入以外にも返済においてもお得なサービスが用意されています。そのひとつが取引履歴の確認です。取引履歴は、いくら借りていくら返済したのかといった履歴の照会となりますので、これまでどんな取引をしてきたかがすぐにわかります。

また、利息の照会・確認もできますので返済計画のスケジュール設定時に役立ちます。この他、住所の変更やメールアドレスの登録・変更、振込先の口座登録や変更などといった各種情報の変更が可能です。

今やインターネットは私達の生活において欠かせない存在ですが、プロミスはこうしたインターネットを最大限に活用したサービスを展開しているといえるでしょう。

案内の確認

プロミスでは本来郵送物で案内するものをほ会員サイトにログインして確認する事に変更でき、それによって郵送物をなくす事で嫁に内緒でキャッシングが可能になります。

プロミスの即日融資が今なお「プロミスの最大のメリット」といわれる理由

プロミスは即日融資に対応した消費者金融業者ですが、これだけ多くの消費者金融業者やカードローン業者が営業を行っている今日では、「即日融資」というサービスは特に目新しいものではありません。

しかし銀行カードローンが全て即日融資不可能になった今、大手消費者金融の中でも群を抜くプロミスの即日融資が再注目されています。プロミスを利用する際のメリットとなっているのは「即日融資」という概念です。

ではプロミスの即日融資が他の業者と比べて何が優れているのかという点ですが、

 

土日祝日でも即日融資が可能という点にあります。


即日融資を土日や祝日にできないとされる理由には、主に以下のようなものがあります。

ひとつは、借入金の受け取り方法としてプロミスログインしてからの「銀行振り込み」がを採用している場合です。

このような業者の場合は、「銀行振り込み」という関係から銀行が営業をしていない土日祝日にはどうしても振込を受けることができず、平日であれば即日融資が可能であっても土日祝日には不可能となってしまいます。もうひとつは在籍確認の問題です。

カードローン業者では審査において申し込んできた人の勤務先への在籍確認を行っており、アルバイトの場合にでもアルバイト先に連絡が行きほとんどの場合は

 

勤務先に直接電話連絡をしてその人が勤務しているかどうかの確認をしています。


土日祝日の場合は、その勤務先も休日となっていることがあり、電話連絡が通じないという理由から在籍確認ができず即日融資ができないというパターンが考えられます。いずれの場合でも、プロミスは対応可能というメリットがあります。

まず、プロミスの即日融資とは「即日振込」ではありませんので、プロミスの自動契約機でカードを発行してもらうと併設されているATMですぐに借入を受けることができます。

次に、在籍確認についてもプロミスの場合は会社が休みの日であっても、

 

電話以外の方法で在籍確認を相談することも可能なので、会社が休みの日でも在籍確認を完了することも可能です。


このように、同じ「即日融資」であってもプロミスの場合は他の業者にはない特色を揃えており、こうした点が多くの人から支持されているのです。

大手他社をも即日融資でリードするプロミス

プロミス 【最短1時間融資】SMBCコンシューマーファイナンス

プロミスレディース

実質年率:年4.5%~17.8% 借入限度額:最高500万円

ログインする前にプロミスのことを知っておく

プロミスは消費者金融のSMBCコンシューマーファイナンスです

消費者金融というと現在では大手金融企業というイメージがあります。たとえば、各消費者金融は大手銀行のグループ企業であったり、逆に銀行のカードローンの保証会社であったりしますよね。そういった事からも今ではサラ金と呼ぶ人も少ないのではないでしょうか?

なので、フリーキャッシングのカードローンの場合とではさほど金利の差もなくなってきています。中高年世代の人はサラ金のイメージがある人が多いと思います。だからこそ、もし万が一必要になった時、不安にならないよう参考にしてみて下さい。

現在はネットでも自動契約機でも申込が可能

今は申込方法もいろいろとあります。初期の頃は自動契約機もなく窓口で散々何に使うかを問われやっとの思い出借りれるという状況でした。ですから、会社の出勤時間外に申込むか休んで申込まないとできないという時代もありました。

プロミスのような大手ではない消費者金融になるとちょっと強面のおじさんが受付をしているところもありました。いわゆる高利貸しです。プロミスなどの大手は昔から受付は若い女性で今でもオペレーターは必ずといって良いほど言葉遣いの丁寧な女性が対応してくれます。

 

こういう現実を知っただけでも安心ではないでしょうか?


その後、自動契約機なるものが登場しより便利にはなったのですが、あまり知合いに知れたくないという感情がある人にとってはまだまだ安心して申込のできる状況ではなかったと思います。

では現在はどうでしょう。窓口・自動契約機・PC・モバイル・スマホといろいろと申し込みだけをとっても選択肢は多くなっています。インターネットで申込むという事は会社の勤務時でも即日融資できるという事です。(あまりおススメはできませんが・・・)

プロミスの場合在籍確認は?

プロミスの場合在籍確認の際、女性や男性を指定できるような配慮までなされているらしいです。新規申込にはプロミスであれば初回30日間無利息サービスなどの特典があるので便利だと思います。しかも

 

在籍確認の電話を別の手段で済ます相談もできるみたいなのです!


別の手段で在籍確認を済ませた後、プロミスログインして初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可能)を利用すれば、利息も圧縮可能です。未だ昔のイメージのある方は一度申込んでみてはどうでしょう。安心して申込めるはずです。

貸金業法の改正後のSMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

貸金業法の改正で低金利のカードローンが増えて選び易くなっています。消費者金融の審査の口コミサイトなどで比較してみてみると、やはりサービス面で一歩先行くプロミスが人気のようです。

債務が増えたら、貸金業法に基づくおまとめローンがありますがまとめると金額が増えるので審査は厳しいものになります。クレジットカードの審査も厳しいものになっていますがそういった方はアコムマスターカードを試してみるといいでしょう。私のように三菱UFJ銀行カードローンのキャッシングで家電を買うとえらい目にあいますよ。

プロミスにログインしておまとめローンの専用のローンを使ってまとめよう

プロミスでは、専用のローンを利用することによって、おまとめローンをすることが出来ます。普通のキャッシングをするのではなく、専用とされているローンを利用することによって、お金を借りて一括にまとめるという手段を採用しているのです。

なぜ消費者金融であるプロミスが、総量規制の影響を無視してお金を貸し出せるのかは、おまとめローンが有利な条件に該当しているからです。貸金業法で規制されている総量規制には、借りる側が有利になるために必要な方法であれば、指定されている範囲を超えて貸し出しをしてもいいことになっていますので、おまとめローンであれば沢山借りられるようになります。

融資については、まずおまとめローンへの申し込みをすることになります。ここで最初の審査を受けることになりますが、おまとめローンの場合は書類が多くなりますので、現在借りている金額などを、すぐに提示できるようにしてください。

証明などが無かった場合は、借りていることを証明できないので、審査に落とされる可能性が高くなります。無事に通過することが出来た場合、プロミスは本人名義での返済を行います。

おまとめローンには2つの種類があり、自分がお金をもらって返済をするか、会社側が返済を行うかの2つに分かれています。プロミスの場合は、会社側が返済してくれる方法となるので、自分が返済をする必要はありません。

後は、残っている金額をプロミスに返済すればいいだけなので、負担についても軽減することが出来ます。基本的に、どのような方法でも対応できるのですが、これは駄目だとされている借入が存在します。

闇金融から借りているものや、銀行で借りている専門的なローンについては、まとめることができません。闇金融とは繋がりを避けていることもありますし、専門的なローンだと、対応できない金額が残されていることもあります。そのため使えるのは、普通のカードローンやキャッシングくらいだと思ってください。

プロミスにログインして申込めるポイントサービスで色々な特典がある

ある日、先輩からお金をかして欲しいという話があり即答で貸せませんとは言えない先輩で困っていました。何故かというと仕事上ではお世話になっていた先輩でしたが、その先輩のプライベートの生活というとお世辞にも良いといえるものではありませんでした。

その内容はというと、給料のほとんどをギャンブルや酒代に費やしていたのです。性格は男気があり、よく食事につれていってくれていたので尚更、断りにくかったのです。私自身、実際人に貸すほどのお金もなく、逆にカードローンを所持していたくらいなので、逆に貸して欲しいくらいでした。

数日後、カードローンの返済の際、プロミスのATMの広告に目を向けると初回30日間無利息という字が飛び込んできました。ふと、「これや!」と思った私は自宅にかえってプロミスのサイトを閲覧して詳しい内容を調べました。

そこには、ポイントサービス申込で初回30日間無利息融資とあったので、早速先輩の要請を断ってプロミスで借りてもらうシュミレーションをしました。翌日、先輩に電話して食事に誘いました。先輩も薄々感じていたのか、食事先で待ち合わせて会うなり「この間のお金の話、忘れて。」と言ってきました。

その言葉を聞いた途端、「なにに、俺は悩んでたんや!」と心の中で叫びました。すると、お酒がすすむにつれて、先輩もお金が必要な事情を話し出しました。よく聞いてみると、住宅ローン以外には一切ローンがなかったのです。そこで自分も正直に自分の状況を話し、自分では貸す事ができないのでプロミスの

初回30日間無利息融資の話をしました。先輩自身、プロミスでカードローンを申込んだ事がなかったので後日。無人契約機まで先輩を案内しました。

すると、数分後出てきた先輩が「審査もすぐ終ったし、即日融資もOKやってオペレーターのお姉ちゃんが言うてたわ」とすごく喜んで逆に感謝されました。教えてあげただけで感謝されたのも久々で、うれしかっですが、何よりも先輩が喜んでいたのでうれしかったです。

「これからもちゃんと返済しま~す。」とプロミスに誓う私でした。それからの先輩は急に必要になったお金はプロミスログインして振込キャッシングで借りていると風の噂で聞きました。何ヶ月後かにあった先輩はプロミスファンになっており、聞いてない情報までいろいろと延々と話していました。本当にめずらしいパターンだと思いませんか?

プロミスで申込での初心者のログインの心得と体験談

ここで、カードローン初心者の方への心得をお話したいと思います。カードローンの申込が初めての方はとくにウェブサイトなどでよく調べてから申込ましょう。

その調べた上で本当にカードローンに申込んで借りた後の返済は計画的におこなえるかどうかを客観的に考える事が大事です。

今からお話する事を参考にしてみて下さい。ある友人の話ですが、住宅ローン以外全く他の借入が無かった友人が最初の心得が間違っていた為に陥った多重債務の話です。

その友人はギャンブルなど一切しない真面目な人間でした。ただ、唯一彼の趣味ともいえるものがありました。それは、モデルガンマニアだったのです。給料から住宅ローンや生活費を除いたお金はすべてそのモデルガンに費やしていたのです。興味のない人間からすると、何の価値があるのか全く分かりませんでした。

おそらく一般に価値をつけにくい物を収集する人たちの事をマニアと呼ぶのでしょう。その友人はある日、雑誌で30万円近くするモデルガンを目にします。その時、彼は住宅ローン以外の借金はありませんでしたが、貯蓄も全く無かったのです。

どうしても、そのモデルガンの欲しい彼はプロミスの審査を受けてカードローンでお金を借りる事を決意しました。カードローンの申込が初めてだった彼は消費者金融大手のプロミスで申込んだのです。おそらくその友人は超アナログ人間だったのでプロミスのCMを見て決めたのだと思います。

プロミス自体は健全な会社である事は分かっていてもやはりカードローン初心者であれば、ウェブサイトなどで詳しく調べるべきでした。申込んで審査通過した友人はすぐに借りたお金でそのモデルガンを購入しました。その時彼の心境を語るとたぶん「欲しいものがすぐ手に入った」と全く返済の事は頭にはありません。

私も経験があるのですが欲求が簡単にみたされてしまうとその前後の過程はすぐに忘れてしまうものです。さてここからが大変でした。まだ、限度枠が残っていた彼は次に欲しいモデルガンをさらに借り入れて購入しました。ここで限度枠いっぱいを借りてしまったのです。

翌月、支払期日が迫ります。初回はきちんと支払いました。そこからその月にもモデルガンの購入の欲求にかられた彼は他社のカードローンに申込これまた審査をクリア。総量規制前の話なのでおそらく年収に関係なく審査をクリアできたのでしょう。その翌月からが大変です。消費者金融系のカードローンの支払いが2件分です。

その支払いをすると今度は生活費が全く足らない状態に陥ったのです。泣く泣くさらに金利の高い所の消費者金融系のカードローンの申込をして3件目のカードローンを所持する事になったのです。そうなると、もう欲しいモデルガンなど買う事はできません。返済あるのみです。あとその友人の場合、古くから同じ銀行の普通口座を持っていたので口座からの支払いの不足分などは自動で口座に借入機能がついていて、いわゆるこれが銀行系のカードローンになる訳です。もうカードローンを4件、おまけに住宅ローンをいれれば5件の債務者になりました。

その間、半年もたっていません。あとは、返済の日々におわれる生活を強いられることになったのです。ではここで、その友人の最大の過ちはなんでしょうか?全くカードローンを所持した経験がない人が何の心得も無く、安易に申し込んだ本人自身の責任です。

欲しい物があり、すぐに手にしたいのは人間の心情ですし、そのお金を自由使途でその資金を借りるのも自由な事ですが、そこで1番肝に銘じなければいけないのは自分に返済能力があるのかを申込む前に自分で自分を審査する事ではないでしょうか?

プロミスに申込むのに必要な情報とログイン情報の参考リンク

金融庁プロミスログイン